2008年10月15日

ルフィ虹の橋へ…

突然ですが、15日の夕方にルフィ君が虹の橋へと旅立ちました。
2歳3ヶ月の若さでした。

朝は食欲はありませんでしたが、お水は飲んでいたルフィ君。
「じゃあルフィ君行ってくるからね!」とケージの中のルフィ君に声をかけ仕事に出かけました。
それが私が生きているルフィ君を見た最後です。

息子がお昼に帰ってきた時には、まだ生きていて水も飲んだそうです。
その後サッカーの練習に学校に出かけて5時ごろ家に帰ってきたら、ルフィ君が息をしていなくて、息子はあわてて病院に連絡をして私にも連絡をくれました。
私も突然の出来事でびっくりして、あわてて病院に行くと、ちょうど息子もルフィ君を連れて病院に着いたところでした。
すでにルフィ君の身体は冷たくなっていて、蘇生させるのは無理な状態でした。
4時ごろに亡くなったのではないかと病院の先生は言っていました。




1虹の橋.JPG


なんで今日亡くなっちゃったの?
昨日の夜も朝も足をバタバタさせて動いていたよね。
けっして体調は、良くなかったけど突然逝っちゃうなんて…
誰もいない時に逝っちゃうなんて…
みんなが帰ってくるまで待っていてくれれば良かったのに…
どうして…と言う思いでいっぱいです。
ケージの中に横たわるルフィ君は眠っているだけで、まだ生きているように見えます…


四葉皆さんにはルフィ君が元気になるように励ましや応援、アドバイスをして頂き、本当にありがとうございました。
感謝しております。



ぴかぴか(新しい)ルフィ君やすらかに…ぴかぴか(新しい)

☆入院☆.JPG
♪ブログ村♪.GIF