2008年10月18日

みんなとのサヨウナラ…

1葬儀.JPG

お花に囲まれたルフィ君。
ルフィ君が、亡くなるなんて考えていなかったので、葬儀の事については全然考えていませんでした。
どうしようかいろいろ迷い、結局16日に決めて18日土曜日の午後に葬儀をすることにしました。
土曜日の朝にお花を買いに行きました。
お花屋さんがサービスをしてくれて、たくさんのお花に囲まれてお別れをする事ができました。


4葬儀.JPG

15日の夜に私が亡くなったばかりのルフィ君を抱いて、トラちゃん達と対面させたのですが、今日は本当に最後のお別れの日です。
リビングにルフィ君を箱に入れて連れて行くと、みんな集まってきました。


5葬儀.JPG

ルフィよくがんばったね。
さようなら…


3葬儀.JPG

お兄ちゃん、バイバイ…

2葬儀.JPG

天国で幸せになってね…

唯一、ハイちゃんだけが逃げてしまい側に来てくれませんでした。
ハイちゃんわかっているのかな…

葬儀屋さんからのアドバイスで、手紙といつも食べていたカリカリとおやつを小さい袋に入れた物と魚の形をしたおもちゃも一緒に入れてあげました。
それからトラちゃん達の写真も…。


6葬儀.JPG

天国でいっぱい食べていっぱい遊んでね。


水曜日にルフィ君が亡くなり、木曜日と金曜日は仕事だったので辛い2日間でした。
本当はお休みしてルフィ君と一緒にいたかったけれど、そういうわけにもいかず…。
それでも火葬までは時間があったので、ルフィ君とゆっくりお別れする事ができました。
皆さんからも温かいコメントを頂きありがとうございました。
ルフィ君もきっと喜んでいると思います。


ぴかぴか(新しい)がんばったルフィ君にポチッとね!ぴかぴか(新しい)

☆入院☆.JPG
♪ブログ村♪.GIF

ニックネーム マッキー at 02:01| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みんなからお別れしてもらったんだね。
ハイちゃんはきっとお別れが辛かったんだよ。
バイバイじゃなくて、またね。
きっと帰ってくるんだよ、ルフィ君!
Posted by ウサギのちゃぴこのパパ at 2008年10月19日 08:10
姿は見えなくなってしまうけど、ルフィ君はこれからもずっと皆の中で生きているんですよね。だって家族だもんね。
またいつか会える日まで…
Posted by ゆかママ at 2008年10月19日 08:20
みんな集まってくれてるなんて。
ルフィくん幸せだね。
ゆっくり眠ってください。
Posted by な〜こ at 2008年10月19日 11:57
お久しぶりです。ルフィちゃんの様子が気になってずっと読み逃げしてました...

ハイちゃん...お別れが辛かったのかな?

元気な姿になって虹の橋をわたって、マッキーさん家族を見守ってくれるでしょう。

ルフィくんのご冥福をお祈りします...



Posted by ちび at 2008年10月19日 22:28
最初は信じられませんでした…これ夢でしょ?いつか覚めるよね?って…。
でもルフィ君は本当に亡くなっていた。
お気に入りの猫ちゃんの一匹だったのでショックです…。
あまりにも突然すぎて悲しみを通り越して、しばらく無感情に近かったです。

今更悲しさと寂しさがじわじわと押し寄せて来ています。
遠くに住んでいる私がこう思うのだから、マッキーさんやハイジちゃん達、
ご家族の方々はどんなにつらい事か…。
何と言って良いのか思い浮かびません…ごめんなさい。
でも、ルフィ君は凄く幸せだったろうし、悲しんでくれる人や猫達がいる。
特にハイジちゃんは息子の遺体を見る事が出来ない、
残酷な現実に今は耐えられないのかもしれません…。

とにかく自分を責めないようにして下さい。
むしろマッキーさんのおかげで1日でも1週間でも、
長生き出来たという事も有り得ますから。


ルフィ君、また帰ってきてね。これからも決して忘れないよ。
Posted by クリオネ at 2008年10月20日 00:17
ルフィ君、精一杯生きたね☆頑張ったね…ゆっくり休んでそしてまた元気な体で戻ってきてね☆
Posted by ジェミニ at 2008年10月20日 00:50
ルフィ君、本当によく頑張ったね。
お疲れ様でした。
ゆっくり休んでね。

ご冥福をお祈りします。
Posted by みっこ at 2008年10月20日 08:52
涙が止まりませんでした。感動的な葬儀ですね。昔に猫を亡くしてしまった時のことを思い出しました。今も亡くなった猫の最後のときの様子は忘れることは出来ません。最後の力を振り絞って、私の声賭けに一生懸命答えようと、尻尾を微かに振って、逝ってしまった時のことを・・・。ルフィ君安らかにお眠りください。
Posted by nekonz at 2008年10月27日 20:57
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1529059
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック